すきなものこと

好きを模索して謳歌する

好きなこと 並べて見返す 記事がいい

今週のお題「ブログ川柳」

 

せっかくですからもう一度

「好きなこと 並べて見返す 記事がいい」

私のブログ、すきなものことはそんな目的で作っています。

 

きっかけになったのは某ドラマCDの文学少年。

彼が傾倒するデカダンス文学が何か気になり、

私は発売前に予習しておこうと本を読むことにしました。

それがデカダンスの聖書と言われている『さかしま』

 

知識や贅沢を詰み重ねた主人公が自分の空間を作り上げるというもので、

家から部屋から部屋の絵から何から、目でも、耳でも、

理想の空間になるように組み立てられていくことに私は夢中になりました。

 

その主人公が語るものはとてもおもしろかったのです。

絵というものの説明でこんなにもわくわくするとは思いませんでした。

それに憧れた私は帰り道、小さな物置部屋の中で、

自分の好きなCDと、好きなサイトしか開かないパソコンと、

白の造花にミニチュア家具など、自分の理想を夢想しました。

 

私はこの満足感を終わらせたくなくて、

あれから続きが読めないままでいます。

 

私は本当に誰かの目を見て好きなものを選んできた者なので、

このブログでは私の目だけで好きだと思ったものを、

語り尽くしたいと思っています。